『人生秘中の奥義書』で人生にツキを呼込み、人生を好転!

本各地を旅し、

「この世の根源」「いのちの根源」を追求し続け、
ようやく到達した地点から、
これまで、誰も教えることのできなかった事柄を
人生秘中の奥義書(理論編)
1分で極めて簡単に実行できるマニュアル(実践編)
に纏め、あなたにお伝えします。  ご購入はこちらから!→

メルマガを発行中!

これまで誰も明らかにできなかった事柄を明確にしようとしています。

メルマガのご登録はこちらから!

『人生秘中の奥義書』
〜人生にツキを呼込む超簡単法!

(ID:0000200188)
 登録フォーム      
メールアドレスを入力して
ボタンを押してください。

『まぐまぐ! 』から発行しています。

pawered by

成功哲学への警告
ナポレオンヒルは『成功の哲学』で大金字塔を打ち立てましたが
ここが『成功の哲学』の限界だと安心して言い切れるところがあります。

無料レポート『ナポレオンヒルの限界』


 お名前とメールアドレスをご入力したあと、送信してくださいね。
お 名 前
メールアドレス


10秒後返信される自動応答メールに
ダウンロードアドレスが記載されています。

無料レポート『ナポレオンヒルの現界』をダウンロードされると、
メルマガ『人生秘中の奥義書』
〜人生にツキを呼込む超簡単法!〜
(マガジンID0000200188)
が「月の光」(メールマガジンの発行者)によって代理登録されます。
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)


登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000200188.html

(※) なお、「まぐまぐ!」が発行している
公式メールマガジンには登録されません。

『人生秘中の奥義書』は、

平成18(2006)年7月に発表され

足かけ8年に渡って販売されています。

平成24(2012)年12月21日に販売を中止しましたが、

私が現在取り組んでいる

『方位磁石の十字架』現象を説明するには、

『人生秘中の奥義書』の理論編が必要だ

 と自覚するようになりました。

『方位磁石の十字架』

 古い伝承と最新の科学と未解明の現象が

       融合していく感覚が不思議です。

 『人生秘中の奥義書』とは、日本古来からの最も古い考えを、物理学を利用した最も新しい考え方で表現したものです。
 モーゼに降ろされた『旧訳聖書』「創世記」の冒頭は、『人生秘中の奥義書』によって、初めて解読されたといっていいでしょう。

モーゼに降ろされた『旧訳聖書』「創世記」の冒頭

〔1行目〕初めに、神は天地を創造された。
〔2行目〕地は混沌であって
     闇が深淵の面(おもて)にあり、
     神の霊が水の面(おもて)を動いていた。

 これが「創世記」の冒頭2行です。

 高校生の頃、教養の一つとして『聖書』を読むたびに最初からチンプンカンプンだった。

○日本各地を本格的に周り始めた1996年9月、

 モーゼの妻ツイポラの案内を受けて能登半島のモーゼの足跡を追って以来、「創世記」の冒頭2行は、私が解読しなければならない箇所のように現れていました。

○日本各地の神社で祝詞奏上していると

 神社から立ち上る陽炎のようなユラギを幾度となく目撃してきました。
 その度に
「あれは何だろう」
 と思ってきました。
 祝詞に呼応して神社の祭神が動かれているのだ、といってしまえば話は簡単なんですが、あまりにも規則性をもち祝詞に呼応していそうなので、そういう風に宗教的に表現すべきものではないような気がしていました。

○「量子物理学のある理論」に出会った今では、

  次のように考えるようになっています。

 祝詞奏上に誘引されて神代の記憶が想起されてくる、そして、

 その記憶が想起される際の「音」(フォノン量子)が陽炎のようなユラギにみえるのだろう、と。
 この「音」(フォノン量子)が太陽の光と結びつき、その土地その土地の産土神になられるのだ、と。
 「量子物理学のある理論」は人間の記憶や「心」のカラクリを解明する物理学なのですが、この物理法則下に神々もあるのだ、と。
 こう気づいてから「創世記」の冒頭を読み返すと、「量子物理学のある理論」が捉えている状況と同じような事柄がそこには書かれていたのです。
 しかも、「量子物理学のある理論」から「創世記」をみるさいに難しさがあって、日本神話が伝承する「ヒルコと淡島」、それに光(天照大神)の「岩戸閉め」と「岩戸開き」の知識がないと「創世記」がどういうレベルの状況をいっているのか、特定しきれないのです。
「創世記」冒頭の解読は、「量子物理学のある理論」が登場するまで封印されており、しかも、『古事記』「神代の段」がないと解読しきれないようになっていたようなのです。

○このことは次のように言い換えることが可能です。

 イスラエル問題(「創世記」)は、現代(「量子物理学のある理論」の登場)まで封印されており、日本(『古事記』「神代の段」)がないと解決しないようになっている。

 これが理論の帰結なんだろうと思います。

『人生秘中の奥義書』

人生の本当の苦しみは・・

人生の本当の苦しみは、目的を見出せなくなったときに、忽然とやってきます。

 昭和62・63年ごろの話です。大学院を中退し虚無感に襲われていた私に大きな転機をもたらしてくれた画期をなす出来事なので、まずはこの話を聞いてください。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 大学院を中退した私は、人生の先行きに対する目的喪失感から、現実逃避していました。
 人生の目的がわからなくなってしまった本当に苦しかった時期です。

 フリーの麻雀荘(賭け麻雀)に入り浸り、飲み屋をハシゴしたりと人生の裏街道を着実に歩んでいました。
 明らかに人生のドロップアウト組みです。この当時の唯一の自慢は、シャブはやらなかったし、女遊びもしていない、という自慢にもならないようなことが自慢話として通用するような世界だったのです。
 オモテの世界では当たり前のことなんですが、ウラの世界ではそういうことが自慢できてしまうような世界です。

 そういう生活をしているとき、麻雀荘で仲良くなったある人物が私によく次のようにいっていました。
 「競馬の枠順を作っているヤツラはどの馬が1着でどの馬が2着になるか知ってんだよ、そのデーターを暗号表にして、地下で活動しているスパイに送っているんだよ」

 こういう説を展開しているのは当時はオカルト馬券師の高本公男という人物でした。

 子年生まれの騎手が1枠に入るとよく馬券に絡んでくる、そういう暗号の基本をきちんと押さえれば的中馬券を簡単に手にすることが出来る、というものでした。

 ミスターシービーやシンボリルドルフが活躍しているころに競馬をやり始めていましたので、普通の競馬のことはよく知っていました。

 私に話してくれたその人物は、競馬の何たるかを知らずに競馬新聞を手にしていたんです。

 うるさく言ってくるので、
 「分った、わかった、あなたのかわりに予想してやるよ」
 その人の理解している馬券理論のとおり、競馬新聞の1レースから12レースまでの全ての枠順に目を通し、そして、絞り込んだレースの予想をしました。

 枠順から導き出された結果は、1番人気と2番人気、まぎれて3番人気の配置でした。
私の予想は的中し、人気どおり決まりました。

 私「人気どおりだもん、こんなもん誰でも取れんジャン」

 しばらくしてその人物は、大井競馬の第7レースが荒れそうで暗号がありそうな気がする、悪いけどこの間のように予想してくれ、と言ってきました。
 競馬新聞の1レースから12レースまでの全ての枠順に目を通し、導き出されてきた第7レースの買い目は「5−5」と「5−7」の2点予想です。12頭立てで5枠と7枠の馬は全て人気薄です。こんなんで決まるもんか、という買目です。その人の理論に基づいて考えるとこの2点が導き出される、というものでした。

 結果は「5−5」の300倍くらいの配当になりました。

 その人はお金がなかったので「5−5」「5−7」を500円づつ買ったそうです。
 そして、15万円くらいになった。別れた子供に5万円で洋服を買ってあげて、残りの10万は7月7日のレースはぞろ目が出る日だから、1点で10万円の買いを入れて勝負するんだといっていました。そして、勝負して、みごと空振りに終わったと聞きます。

 また日をおいて私のところにやってきました。
 「川崎競馬のこのレースは荒れそうだ、予想してくれ」
 この人の理論に基づいて、私が予想した買目は2点でした。
 そしてそれは的中しました。150倍くらいだったといいます。

 こうなると、尋常ならざるものを感じてきます。

 「本当に結果(未来)を知っている者たちがいるのか?」

 「なぜそういうことが可能なんだ?」

 しかし、
「枠順から結果(未来)を見ることができるのなら、お金を作ることができる。3,000万円作って麻雀屋を開こう」

 目的を見失っていた私は、ここに一つの目的をようやく見出すことが出来ました。
 競馬でお金を作って麻雀荘を開く、という目的です。

 人生の目的を見失っていた私にとっては、本当に救いの糸でした。

 その年の秋から、研究に没頭しました。
 当時池袋にあった競馬新聞「馬」社に出向き、2年分の雑誌「馬」のバックナンバーを購入し、過去の枠順を再現しました。開催日ごとのレースの枠順配置を研究していきました。

 9月から研究をはじめ、ようやく翌年3月の初めに完璧な黄金律を発見することが出来ました。

 その年の黄金律は3つ。

一つ目、中央競馬会がその週の開催で出すサラブレットインフォメーションが「さあ、〜」と始まると、「さ行」は50音表第3番目なので「3枠」がその週のメインレース(日曜日)で絡んでくる。
二つ目、メインレースと同じ頭数のレースが1レースから10レースまでにあり、しかも、そのレースに同じ厩舎が2頭出しで望んでいる場合、メインレースはその2頭が入っている枠順で決まる、という決定的なものでした。
三つ目、G1レースは「光」を持つ調教師、騎手、馬主の馬の枠かその両隣の枠が必ず馬券に絡んでくる。

 3月19日(土)のメインレースと同じ頭数のレースが5レースに組まれていて、そのレースに、ある厩舎が2頭出走させていました。この場合、メインレースの買目は1点です。
 フラーワーカップだったと思います。
 買目「4−5」に3,000円。 ⇒ 結果、44倍の配当で、13万円の儲け。

 翌週3月27日(日)の日曜日のメインレース「37回スプリンターズステークス」。サラブレットインフォメーションが「さあ〜」と始まっていますので「3枠」絡みです。3枠は人気薄です。

 しかし、相手がわかりません。

 悩んだ結果、買目は3枠から一番人気の7枠に9万、2番人気の4枠に1万。
 ⇒ 結果は「3−7」31倍で、270万円でした。

 5,000円を初めて270万円にした瞬間です。

 前年の9月から心血注いで研究してきた結果が、270万円という結果になって現れてきました。
 多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、私は結果を出したのです。
 とてもうれしかった。

 間近に迫った桜花賞と天皇賞が勝負でした。桜花賞は事前に「1」と「4」が馬券になると出ていたので枠か馬番かを発表された枠順から判断するだけだと思っていましたし、天皇賞は「7枠」が馬券になることは、前年の秋の天皇賞のときにわかっていました。

 桜花賞は、阪神競馬場の近くにまで行ってきました。
 「光」をもつ調教師が1枠と2枠に入っています。1枠の「武豊」は馬券になります。最後まで悩んだのが、天皇が病に臥している年の黒の2枠をどう考えるかでした。
 悩んだ末、枠連「1−4」100万円購入しました。購入窓口で100万円差し出すと周りの人たちは注目して私たちの方をみます。45倍くらいのオッズだったので、的中していれば4500万ぐらいになる。事業資金としてはちょうどいい金額です。
 前売りで馬券を購入しました。翌日は、競馬場で観戦する予定だったのですが、恐ろしくてホテルのベットから起き上がれません。馬券100万円購入したのは初めてです。足が震えるのです。チョッと立つことはできても、歩けないのです。テレビを見ることも出来ません。ホテルのベットの中で布団を頭からかぶって、ガチガチ震えてラジオの実況を聞いていました。
 結果は、黒の2枠を使った馬番で「1番―4番」の枠連「1−2」24倍という馬券になっていました。推理は的中し、買い方で負けてしまいました。

 100万円はパーになりましたが、その損失は翌週の皐月賞で十分取り戻せていますので損得の帳尻はあっています。

 しかし、精神的ダメージが大きかった。

 スタートは5,000円だとはいっても、100万円という馬券を買ってしまうことの痛み、確実に何か大事なものを失います。

 おそらく、競馬でお金を作ることは出来たでしょう、その代わり人間として大事な何か、ひいては「いのち」までなくしただろうと思います。
 馬券100万円購入したときの恐ろしさ、結果を見るときのツラサ、今こうやって書いていても思い返されてきます。

 馬券で大金を残すことは出来ませんでしたが、次の確信だけは確実に得ました。
(ちなみに、トータル1,000万円というのであれば、この年に確実に手にしています)

 「未来」は巌然と存在している、この実感は痛いほど体に染み付きました。

 「未来」を知っているものたちが確かにいる

 だから、予言者は未来を予言することが出来るのです。

 これは、私が競馬を通して得た確信です。

お金にはイロがついています・・

 お金を残すことが出来なかった理由は、儲かった分だけ遊んでしまうからです。
 財布に40万50万いれて飲み歩くのです。所詮、馬券で得たお金は生きたお金ではありません。

 お金には「イロ」がついていることをこのとき初めて知りました。
 お金は同系統の「イロ」のところに集まります。

 人の意識には関係ありません。お金の「イロ」が人を動かします。

 自分が金を使っていると思いたいでしょう。

 実は違います。

 お金に人が使われているのです。

 「1億円」というお金があなたを使いたい場合、1億円はあなたのところにやってきます。

 「10億円」というお金があなたを使いたい場合、10億円はあなたのところにやってきます。

 「あぶく銭」というお金があなたを使いたい場合、「あぶく銭」はあなたのところにやってきます。

 問題になるのは、この「あぶく銭」を自分の実力と勘違いをして有頂天になると転落するか、なにか人生の大事なものを失うか、ひいては「いのち」までも失う可能性があります。

 「あぶく銭」というのは、競馬で得たお金に限りません。

 私が競馬で得たお金は、誰がどう見ても「あぶく銭」です。
 この当時、この競馬配当金という「あぶく銭」から、この真理をに悟りました。

 「この世の実相」はそういう風になっています。

 これは、本当ですよ。

 あなたが1億円稼ぎたいと思ったら、
 「もし自分が1億円だとしたら、自分は自分を雇うだろうか」
 と自問自答してみることです。

 あなたはあなたのことを一番よく知っているわけですから、あなた自身が答えられた答えが本当の答えなのです。雇ってくれるはずだという確信がもてれば、急がなくとも1億円はあなたの手元にやってきます。
 あせらずに仕事を着実にこなしてください。

 競馬のおかげで私は立ち直ることが出来ました。競馬で身を持ち崩す人が多い中、私は逆のパターンです。

 私は、競馬のオカルト予想でお金を手にした実績を持っています。
 ちなみに、桜花賞の後の皐月賞では40万円購入して、150万円くらいになっていたと思います。桜花賞の失敗に懲りて押さえを買うようにしたからです。勝負馬券は外れましたが軸は間違っていませんから押さえておいた馬券が的中していたのです。

 しかし私は、馬券を100万円購入する、あるいは40万円購入するという痛みに耐え切れなくなってきました。

 そとづらは威勢のいい話ですが、ツライものですよ。

 こうして、まっとうな「オモテ」の仕事に就こうと決心しました。

 4年後にオモテの仕事でも、一応1,000万円を超える年収は達成し、その後、指導的地位につく要請も受けていますので、世間の形からみればいい人生のように見えます。

 しかし、満足できないものがあった。
 心の奥底から慟哭のように湧き上がってくる「思い」、自分はこんな1,000万円や1億円のために生きているのかよ、という発作のような思いです。

 自分は金儲けするために「この世」にやってきたのではないぞ、という思いは強くなる一方です。

なぜ私がこの世にやってきたのかを追求する時間が欲しい。

 私は仕事をやめました。
 私は時間が欲しい、

 なぜ私がこの世にやってきたのかを追求する時間が欲しい。

 必ず突き詰めてみせる。

 金を欲しいなら欲しいと目的を定めてキッチリ働けばいいのです。金ならいつでも手にする自信があります。金なら競馬で作ることもできるし、パチンコで作ることもできる。チャンとした仕事で作ることもできる。
 これで、金を得る、と決めれば、自分で決めたとおりのお金を引き寄せることぐらいわけないことなのです。

 しかし、今は時間が欲しい。

 なぜ私がこの世にやってきたのかを追求する時間が欲しい。

 必ず突き詰めてみせる。

 昔取ったキネヅカで麻雀荘でバイトしながら、その日暮らしの生活を始めました。仕事はその後、麻雀荘でのバイトから、トラックドライバーに替わりました。

 このようにして、日本各地の神社・仏閣、山、谷、川を回り始める生活をスタートさせたのです。

 思いついたときに発作のように日本各地を回ったので責任が発生する職業と職務に就けなかった。

 私が得たインスピレーションを物理学の地平で眺め、古史古伝、聖書等の聖典はどう捉えているかという探査の生活に入っていったのです。

それから、12年たちました。

そして、
「この世の根源」「いのちの根源」をようやく自分が満足できるところまで追求できました。

 タイトルの『人生秘中の奥義書』は、けっして誇張した表現ではありません。

『人生秘中の奥義書』とは・・

 『人生秘中の奥義書』は宗教書ではありませんので、釈迦やキリストについては、ほとんどふれていません。できるだけ科学的事実に基づくように記述しています。

 私が見る限り、誰もここまで追求し切れなかったところです。世界の哲学史、思想史、宗教史を眺めてそう思います。

 「なぜ予言が可能なのですか?」

 「アカシックレコードがあるからじゃないの」という言い方で満足できる人は、とても幸せです。

 「人間が生きるということはどういうことですか?」

 こういう問題に真正面から取組みました。

 そして、得られた理論から、
 人生の目的を明確にし、人生にツキを呼び込み、人生を好転させる「簡単な方法」を探しまわった結果、極めて簡単に1分で実行できる方法を見つけたのです。

 奥義の実践は、きわめて単純であることが多いものです。

 『人生秘中の奥義書』から導き出される実践マニュアルは極めて単純なものです。

 実践編は、全て理論編に裏打ちされているものです。

 実践編はわずかこれだけのことなのですが、この単純なことであなたの全存在が動かされていくことになるでしょう。
 この奥義をこういう形で自信をもって販売できるようになるまで12年という年月が流れました。

『人生秘中の奥義書』は、
平成18(2006)年7月に発表されました。

平成24(2012)年12月21日に販売を中止し、
2013年には出雲大社の遷宮と伊勢神宮の遷卸を向かえました。

『方位磁石の十字架』  2014年8月、私が現在取り組んでいる『方位磁石の十字架』現象を説明するには、『人生秘中の奥義書』の理論編がないと説明しきれない、と実感します。
 未来の科学のために販売を再開しました。
12,800円の販売案内
『人生秘中の奥義書』〜人生にツキを呼込む超簡単法!』は、銀行口座振り込みでお願いしています。

主要な文書を一式納めたCD版での提供です

 〔レ〕「ナポレオンヒルの限界」
 〔レ〕『人生秘中の奥義書』(理論編)と実践編
 〔レ〕「共時(共鳴)現象を友にして」

『人生秘中の奥義書』の購入者へは10週にわたるフォローメールが届けられます。

フォローメール10週にわたってお届けします。

購入者限定の特典1.

 人生の目的を追求し、人生の幸福を手にするのは長い期間が必要です。

 チェック
 『人生秘中の奥義書』のご理解の参考になるように、10週11回のフォローメールをお届けします。

 チェック
 このフォローメールは、再度受信設定することができます。


『人生秘中の奥義書』は共時(共鳴)性現象を誘発します。

特典レポート『共時(共鳴)性現象を友にする』

共時(共鳴)性現象を友にする

購入者限定の特典2.

 購入者の方に、長い間暖めていたレポートをプレゼントします。こういうレポートはお金で評価するのが難しい。

 チェック
 共時(共鳴)性現象を人生の指針にします。

 チェック
 その時、バーンッ!と音がする。
 外化現象が起きるときとは?

 誰もが主張できることではないので、求める方は5万円10万円だしても欲しくなるし、読んでも分からない方には「猫に小判」の類です。

 ただ、私がこのレポートを出せるようになるまで12年の年月を要していました。

(※)特典レポート『共時(共鳴)性現象を友にする』のダウンロードアドレスは、10週のフォローメールの最後にもお知らせしますが、『簡易な冊子版』と一緒に同封されたCDの中にも納まっています。
 購入された皆様が一番理解しやすい時期を考えますと、フォローメールの最後にお読みになられることをお勧めします。

こういう方はご購入下さい

 チェック
 コンサルとして活動し始めて、自分の一言が相手の人生を左右してしまうことに、いいしれぬ恐怖を持ち始めてきた人。
そういう人は、コンサルとしてだけでなく、求道者としても大成できます。

 チェック
 人には人生を好転させる人それぞれの「宿命を表現する言葉」(キーワード)があります。
本人を含めて、その言葉を残念ながら誰も知りません。
私の「人生秘中の奥義書」と「実践マニュアル」を使えば、短期間のうちに見つけ出すことができるかもしれません。すくなくとも、「宿命を表現する言葉」(キーワード)があることを理論的に解っていただけるでしょう。

 チェック
「宿命を表現する言葉」(キーワード)を欠いたアファーメーションの効果は薄くなります。

 チェック
「宿命を表現する言葉」(キーワード)を探されている方にとっては、この「人生秘中の奥義書」が「魔法の杖」になってくれるでしょう。

 チェック
 ヒーラーやセラピストは、自分の行っている仕事内容を根源的に理解できる材料になるでしょう。
ヒーラーやセラピストは、一昔まえの「禰宜」や「巫女」がやっておられるような仕事をされているような気がします。
人に接する機会が多いので、その方の影響は大きい。

 チェック
 人生の成功を最短距離でつかみたい人。
「金儲け」だけなら、違うサイトがあります、ご紹介しましょう。
モテルようになりたい人は、そういうサイトがあります、ご紹介しましょう。
ダイエットしたい人は、そういうサイトがあります、ご紹介しましょう。
ここでは、人生の成功を最短距離でつかむ方法を伝授します。

 チェック
 いま自分がやろうとしていることが、本当に自分のやるべきことなのだろうか、と迷いや悩みをかかえている人。

 チェック
 何か目的を探そうとしているのだが、ピントのあった目的を見出せない人。
あなたの苦しみは痛いほど解ります。あなたの苦しみの期間を短縮できるでしょう。

次のような方は、ご遠慮いただいております。

 チェック
 物理学理論を適用しようとしていますので、「人生秘中の奥義書」は宗教書ではありません。
しかし、ストレートに宗教理論にも読み替え可能なので、「人生秘中の奥義書」を使って一宗一派を興そうという企てを持っている方はご遠慮願います。

 チェック
 「人生秘中の奥義書」は、人生を好転させる「願いの書」です。
「呪い」「魔術」に応用しようとする人はご遠慮願います。それが、幸せになるためのコツです。

 チェック
 私のこれまでの経験から、自分の幸福を願うためにこういう書籍やセミナーにお金を使えない人は、考え方が貧しい人が多いような気がします。
 100万円200万円のセミナーや教材を購入している人を、鼻であざ笑う人を、私は嫌いです。
購入者は、真剣なんです。 100万円200万円の教材やセミナーを購入している人は、ひょっとすると騙されているかもしれません。
しかし、鼻であざ笑う人よりは本物の情報に出会う頻度が高い気がします。

お知りになりたいことをまとめました。

 Q1.未来は本当にわかるのですか?
 競馬のオカルト予想は、未来の結果を知っているものがいるという前提でした。不思議でしたが未来は見える、としたほうが結果が残せました。
 それから、約20年たちました。
 「人生秘中の奥義書」では、未来は「永遠の記憶」から降りてくる、と物理学のある理論の拡大解釈から示そうとしています。 ご購入はこちらから!→
 Q2.私も未来を知ることができるでしょうか?
 おそらくできます。そのコツは、欲や、損得を離れることだと思います。 ご購入はこちらから!→
 Q3.実践マニュアルを作ろうとした動機はなんですか?
 「希望」が地に落ちようとしています。
 未来への「希望」を掲げたかった。
 大変動が予想される時代にあって多くの人の「希望」を簡単に呼び起こすにはどうしたらいいか、という問いかけがずっとありました。 ご購入はこちらから!→
 Q4.何か特別な機材をつかいますか?
 パソコンがあることを前提で考えています。
 というのは、パソコンがないと10週にわたるフォローメールや10週後の特別レポートをダウンロードできなくなります。
 また実践マニュアルでは、誰でも簡単に手に入れることができるある簡単な無償ソフトを利用します。
 ある簡単な無償ソフトの最大の利用効果は携帯電話を使ったときだと確信できるものがあるので、携帯電話を持たれていない方には、携帯電話の購入をお勧めしています。 ご購入はこちらから!→
 Q5.なぜ無償で提供しないのですか?
 平成18年12月31日まで、私のところに訪ねてきてくだされば、無償で差し上げていました。
 しかし、無償で差し上げると人類の平和という大きな目的を達成できなくなる内意を得ましたので、終了することにしました。

 こういうふうに判断するに到った経緯はこちらをご覧ください

 しかし、いろんな方たちとお会いさせていただくことを止めるわけではありません。

 平成18年11月24日(金曜日)、メルマガ『人生秘中の奥義書』を最初からの購読されていた方で者で、無償ダウンロード期間中に理論編を手にされていたY・Kさん(神奈川県男性)にお会いさせていただきました。

 Y・Kさんとのお話で感じたことがありました。

 それは、『人生秘中の奥義書』を一度手にされている方とお話したほうが理解の深まりが違うという点でした。
 『人生秘中の奥義書』を一度手にされている方とお話しすると、お互いに時間のロスを避けることができます。
 ですので、今後は『人生秘中の奥義書』を手にされた方とお会いさせてください。そのほうが私も『人生秘中の奥義書』や「心のまつり」を広めるのに近道だと感ずるものがあります。
 『人生秘中の奥義書』と「心のまつり」が広まれば広まるほど、人類の火薬庫である中東の和平問題を解決する道が見出せてきます。

 ご希望の方はいつでもメールをどうぞ。   info@e-ansin.net

ご購入はこちらから!→
 Q6.金額の根拠を教えてください。

 人生の悩みに5,000円や10,000円という金額を出すのが世間なんだ、と思いました。

 しかし、この5,000円や10,000円は一回コッキリの金額です。
 私の「人生秘中の奥義書」は生命の根源、この世の根源を取扱ったもので、一度その内容を知ることになると、それだけで人生にツキがもたらされる可能性を秘めています。

 他のテクニック類とは、根本的に「質」が違います。

 私の「人生秘中の奥義書」には人類史上初めて明かされる内容を含んでいます。

 それだけの内容をもつと思っているものを、金額提示しなければいけないことに悲しさを感じますが、正直申し上げて、この内容を目にできるあなたは幸運です。 ご購入はこちらから!→
 Q7.訪ねていく価値があるものですか?
 あなたがそういう風にピッピと感じられる場合、おそらくあなたの直感が正しいのです。お互いにいい結果をもたらさないでしょう。

    Good-by!

ご購入はこちらから!→
 Q8.それでは東京に行きましょう

 事前にメールで予定の調整をさせてください。

   info@e-ansin.net

 私は酒もタバコもたしなみません。コージコーナーのケーキが私の口に合うんですよね。
 請求しているわけではありません。世間的常識からするとお持ちになられる方が多いと思うので、事前にお知らせしておくだけです。
 コージコーナーが見つからない場合は、こどもが喜びそうなものでお願いします。
 中学3年生、中学1年生、小学5年生、小学2年生です。
 ゲームはいりません。

(ここは冗談として、軽く受けとめてくださいね)

ご購入はこちらから!→
 Q9.どうしたら「子沢山」になれるのですか?

   えっ!?

         それは、「愛」のなせるワザです。 ご購入はこちらから!→
 Q10.お土産は北海道の夕張メロンではだめですか?

 大歓迎です。

 贈って喜ばれるお土産の第一位が北海道夕張メロン、第2位が博多明太子、第3位が京都生八橋だったと記憶しています。
 贈って喜ばれないお土産の上位は「ヒヨコ」「名古屋ウィロウ」です。
 これは、私の嗜好とまったく同じです。

(ここは冗談として、軽く受けとめてくださいね)

ご購入はこちらから!→

お求めいただいた方からの「声」をお聞きください。


埼玉県春日部市のN・Mさん(女性)

 奥義書実践、今日で4週目に入りました。

 私は、昨年まで離婚やらで艱難ばかりの日々が続いていました。

 ひょんなことから、それらの多くが、自分の頭のなかで日々考えていることが現実にあらわれていることに気づきました。そして、そのあたまの中をハッピーに変えていくには、また地道なアファーメーションしかないということもわかりました。
 人生に懲りてしまった私は、本気で人生を楽しく幸せなものにしたいと思っています。そのためなら、どんなことでも真剣にやろうと思っています。一生懸命に地道なアファーメーションもしようと思っています。
 でも、こんなにも真剣なのに、地道なアファーメーションというのは、簡単にできそうに思えるわりに、継続させるのが難しいんですよね。
 成田さんの『人生秘中の奥義書』は、めったに見ない「まぐまぐ!」から来るお知らせをクリックし、たまたま見つけました。
 しかし、実はそれが誤って掲載されたもので、本来紹介されないものだったとわかりました。

 ↓↓↓ これが成田さんのメルマガ(第8号)の一節 ↓↓↓

 人生の宿命の本道を歩んでいるとラッキーと思える場面に出くわすことがあります。
 みなさんもそうでしょう?
 人によっては、天使の贈り物とかいう場面です。

> 2006年8月3日 21:49 に「まぐまぐ!」の山中秀登さんからの「お詫びメール」がきました。
「本日配信されました8月3日ライフスタイル版、既刊メールマガジン紹介コーナーに0000200188 人生にツキを呼込む魔法の言葉を見つける、超簡単法が弊社手違いにより掲載されてしまいました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。」

 「まぐまぐ!」にメルマガの広告を出すと1回31,500円です。
 タダで広告していただいたので、私にはラッキーでした。
「まぐまぐ!」の山中さん、ありがとうございました。
 このことから、私の商材は目に見えない力の後押しがあることをハッキリ自覚することができます。
 私の「人生秘中の奥義書」(実践編)はそういうものです。
 http://www.ougisyo.com

 ↑↑↑ ここまでが成田さんのメルマガ(第8号)の一節 ↑↑↑

 「まぐまぐ!」から来るお知らせに誤って掲載されていた『人生秘中の奥義書』を購入し実践編しだしたところ、知人がビジネスを興してうまく回り始め、一緒に手伝って欲しい旨の話がきたり、いろいろチャンスが現れ始めました。
 それと、とても信用できる方から再婚相手の紹介も受けるようになってまいりました。(笑)
 毎日の地道な現実の中に明るい兆しが感じられますので、今後、どうシンクロでグッド展開していくかが自分も楽しみです。
 『人生秘中の奥義書』の実践編は、私にとてもあっています。
 理論編も、聖書、古事記、量子理論でかかれているのでなんとか理解できそうです。。。

 私も「まぐまぐ!」の山中秀登さんに感謝します。
ご購入はこちらから!→

大阪府のN・Iさん(32歳女性)

 9月9日(日曜日)に大阪府のN・Iさん(32歳女性)にお会いさせていただきました。12人目の方です。
 訪問メールを8月27日に頂戴し、9月9日(日曜日)にお会いさせていただき、9月11日にお礼のメールを頂戴しました。

 N・Iさんの言葉を皆さんにお届けします。

----< 大阪府のN・Iさん(32歳女性)の8月27日の訪問メール ∞--→

 成田亨様

 人は何の為に生まれてきたのか?
 私は何の目的のために存在しているのか?
 答えがあるのかないのか?

 ・・・哲学を学問として学んだことなありませんが、何となく自分の内側から沸いてくる疑問。
 今までいろいろな方に出会ってきました。本にも出会いました。ナポレオンヒルの成功哲学、マーフィーなどなど・・・

 残念ながら、自分の思った人間にはなっていません。
 思いが足りないからだ、努力が足りないからだとも言われそうですが、だったらどれくらい思い続ければいいのでしょうか。
 更に疑問が沸いて、堂々巡りでした。
『人生秘中の奥義書』ぜひ、読んでみたいです。

 『ナポレオンヒルの限界』(→ こちらです )を述べていらっしゃる成田様に共感を覚えました。
 私は大阪在住ですが、東京に行きます。

      ←-- ∞ 大阪府のN・Iさん(32歳女性)の8月27日の訪問メール >----

 そして、9月9日にお会いさせていただきました。

 お礼のメールを頂戴しました。

----< 大阪府のN・Iさん(32歳女性)の9月11日のお礼のメール ∞--→

 成田亨様

 9日は本当にありがとうございます。
 こちらの都合で夕食時になり、申し訳ございませんでした。

 あの日は私の人生においての分岐点になったと確信しております。

 本当に驚きの連続で・・・

 自分の悩みと合致することだらけで、こんなことってあるの?

 「人生秘中の奥義書」恐るべしです。
 確かに理論は難しそうですが、直接お話できたことで(図の説明分かりやすかったです)随分入りやすくなりました。

 これからびっくりすることの連続になりそうな予感がします。

 意識の大改革を実感しました。

 今後は自分の生まれた目的に焦点を当てて行こうと思います。

 ←-- ∞ 大阪府のN・Iさん(32歳女性)の9月11日のお礼のメール >----
ご購入はこちらから!→

東京都大田区のA・Sさん(44歳男性)

  成田様
 成田さんとお話した翌日に下の子が手塚治のマンガ聖書物語「創世記」を見ていました。
 この2年間は見ていなかったのに???
 下の子は片付けないのでなにを見たのか、読んだのか分かるのです(笑)。
 その晩に話をしていただいた影響でしょうか?不思議な現象です。
 目標金額をかきましたら、直ぐに直感がありました。
 これを見なさいといった感じで突き動かされました。直感があったのは本当に久しぶりです。
 まるで台風の流れに巻き込まれている感があります。
 アファメーションとか、イメージ法だとかいろいろありますが、私が知っている方法では、手ごたえを感じませんでした。
 ですから何度も繰り返しアファメーションを行ってしまい、かえって物事に執着してしまいます。
 目標を達成できないのは信念が足りないとよく言われますが、
 「どの位信念を持てばよいのか?」
  と言う私の質問には誰も答えてくれませんでした。
 朝から晩まで同じを事をつぶやき、考えていれば良いのでしょうか?
 しかし、いくらやっても潜在意識に到達した感じはありませんでした。
 潜在意識が無限の可能性を秘めているといっても、そこへ到達するための手段が判らない。
 判らないため、無駄なことをしてしまう。
 『人生秘中の奥義書』には、超過去記憶(未来)を呼び覚ましてくれる奥義があると確信しました。
 『人生秘中の奥義書』によって、過去にある○○○が、時の流れにのって現在に現れてくるんだと感じるようになりました。
 また、あれをしたい、これをしたいは魂の叫びである事も確信しました。
 すばらしい奥義に会えてうれしいです。
 これからもガンガン続けていきますのでよろしくお願いします。
 (平成18年10月24日に頂戴したメールを要約させていただきました)
----------------------------
 平成19年2月27日に実践報告のメールを頂戴しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 成田様
 成田さんが考案された実践マニュアルを昨年の10月下旬から実施してきました。
 その結果報告です。
 結果を簡単に申し上げますと次の3点に要約できます。
(1)無駄な事や出費をしないですんだ。
(2)共時性がバンバンおきる。
(3)急に物事が動き出す。
(1)については、質問をすると全く違う答えや批判が出たりして戸惑いまし たが、結果的にはメッセージに従って正解でした。
(2)と(3)について、例えば、年末には祝詞と出てきました。
「はっ?なんで?どうして???」
 と思っていると、急に友人から不思議な事に
「やる気があれば、いまから一か月大祓祝詞をあげなさい」
 と連絡がありました。
 これは「もう命令だなと」感じましたのですぐに実行しました。
 また別の場面では、
「好きな事はなにか?」
 という問いかけがあったので、
「パソコンをいじる事です。」
 と回答をしました。
 すると、私のことが友人を通じて口コミで急に広がり、パソコンの修理・相談室になりました。
 2日に一度の割合で相談が来るようになりましたのでうれしい限りです。
 このように予想もつかない所で、知らない人に無償で営業して頂いたりして、少しずつ人脈が広がっています。
 成田さんの実践マニュアルを実行するだけで、方向性を求めたい事柄に答えが必ず得られるので安心して行えます。
 また、2/21メルマガ「省みる〜因果の同一性と因果の分離」での見解についてです。
 これだけ簡単にシンプルに言い表せるのはすごいと思います。
 それまでは、般若心経が最もシンプルだと思っていました。
 「反省」という言葉について。。。
 常々、「反省」は変な言葉だなーと思っていました。
 反省は反対または対立するものと省みる訳ですから。
 2/21メルマガ「省みる〜因果の同一性と因果の分離」から「反省」という単語における真の意味は成田さんが記載している事ではないのかと閃きました。
 「反省」とは自分の「行い」と「理想」と対比して省みる訳で、「理想」等が無い人がやっても、効果がありません。
 それはすでに、「行動=思い」だからです。
 ベースとなる「理想」が無いまたは違うので真の意味での「反省」にはならないと思えるようになりました。
 ありがとうござい増す。
 ありがとうござい増す。(←間違いではございません)
 ありがとうが、増すように漢字を変えてみました。
 成田様のより一層の発展をお祈りしております。
ご購入はこちらから!→

東京都清瀬市のM・Kさん(男性)

 2006年7月26日(水曜日)にお会いさせていただいた清瀬市のM・Kさん(男性)から、2006年10月14日(土曜日)早朝に電話があり、夕方にまたお会いさせていただきました。
 『人生秘中の奥義書』の考え方と、読み取り方を再度説明させていただきました。
 M・Kさん(男性)はひとまず実践編を10週試されたあとに、もう一度私の説明を聞いたことになります。
 そして、5日後の10月19日(水曜日)にメールを頂戴しました。
----<  メールの紹介です ここから ∞ -- →  先日は、いろいろご指導いただき、ありがとうございました。
 お陰さまで、内容についての理解、実際にやってみての効果が、だいぶ理解できるようになって来ました。
 とても面白いです。不思議な感覚です。
 さらに活用を深めてみたいと思います。
 また、いろいろ教えてください。
 奥様にも、宜しくお伝えいただければと思います。
 どうもありがとうございました。
               ← ---- ∞ ここまで メールの紹介でした > -------
ご購入はこちらから!→

東京都中央区のA・O(女性)さん

 斎藤一人さんのメルマガにて、『人生秘中の奥義書』と『月の光』のサイトを知り、数時間かけて読み、商材を購入させていただきました。
 読みながら、涙が出てきたんですね。
 私は、特定のニュースや物語を見ている時や、本を読んでいる時に理由もわからずに涙がこみ上げてくることが多々あります。
 ただ、今回は、懐かしいというか、出会えたというのか、正しかったんだというのか、嬉しい気持ちがいっぱいでした。
 今も嬉しい気持ちが大きいです。
 成田さまの、ナポレオンヒルのレポートや理論編を読んで気付いたことがあります。
 (※)『ナポレオンヒルの限界』はこのページの最初のほうにあります。
 想像だけで、実行が伴わなければ机上の空論だと成功法則の上辺だけを追いかける人たちを揶揄した企業家がいたんですね。
 その方が次のように断言したんです。
   > 実行する、つまり「行動という実行した過去」が伴わなければ、
     実行し行動して成功したという未来が付いてこない。
 未来は既に過去の中にあるならば、行動し積み重ねてきた過去が未来を作り出し、その未来が過去に呼びかけ現在を形作っていくんだろうな、と私は考えました。
 何度も読んでいる本があって、その本はなぜこの世に生きているのかを書いてあります。
 過去の因縁や、業にしがらみといったものは未来にも密接につながっていて、その因縁や業を見つめ受け止めしがらみを開放してゆくことで未来を改善し、過去も良くなり、現在が向上するといったようなものでした。
 未来や想いは過去の上に成り立ち、未来の自分が過去を形作っているといってもいいのでしょうか?
 → 「まぐまぐ!」平成18年10月31日号で私の考えを述べておきました。
 成田さまは、物理で説明されてますよね。まだ解らないところは多々あるのですが、「○」という字や、光に音、量子といった概念はわかりやすく、納得いくものでした。
 特に○に記憶が宿るといったところでは、目に鱗です。
 サスペンスや心理系ホラーでは、他人の臓器を移植された人が、特に網膜など、臓器の元の持ち主の記憶が移植者に影響を与えるなどとオカルト的に書かれたりしますが、○に記憶が宿るなら細胞にだって記憶、心といったものが残りますよね。
 科学的、理論的に読み解かれている理論編をこれから何度も読み返して、考えを血肉に落とし込みたいと思います。
 いい『イロ』を持ったお金に何十億と報酬を払って貰う人間に成長していきたいですね。
ご購入はこちらから!→

東京都T区のB・Kさん(男性)

 成田 亨 様
『人生秘中の奥義書』の理論編、とてもおもしろく読ませて頂きました。
 私はカント哲学を研究する者ですが、納得致します。
 身体に記憶が残るというのは、臓器移植で問題になっていますが、カントの時間・空間論を私なりに解釈すると、『人生秘中の奥義書』の理論編に近いものがあります。
 こう申し上げると不遜なようですが、
 私にとってはカントを読んでいたことが理解に役立った感じがします。
 (成田様の理論の方がずっと科学的なのですけれど)
 しかし、カント哲学を研究することが実践につながらず、苦しんでいたので、私にとって『人生秘中の奥義書』実践編は、私の人生の転換点になるだろうという確信があります。
 有難うございます。
ご購入はこちらから!→

香川県のS・Yさん(男性)

成田亨様
 「人生秘中の奥義書」10週目が過ぎました。
 期間中は4回の質問にすばやくご回答いただきまして誠にありがとうございます。
 まだ現時点で「バーン」という音は聞こえておりませんので仮のご感想といたします。音が聞こえ次第、あらためて手書きで感想をお送りします。
 これまで、無意識的か意識的にか様々な自己啓発物を購入し試して参りました。ペン習字、ヒアリングマラソン、TIME、中山正和先生のKJ法、七田真先生の右脳訓練ツール、成功哲学、「人を動かす」、速聴CD、政木和三先生の音波ツール、3KM、地上最強の商人、小周天ー大周天DVD、速読速解法、仕事でビジュアルトレーニングなど等。
 今回購入させていただきました『人生秘中の奥義書』は前述の自己啓発という範疇をこえた最終到達系となるものです。自分の中の奥深いところへいざなわれることで、瓦礫をこえて自分の道を歩むことができるそんな確信がわいています。
 ありがとうございます。
(2007年5月17日受信メール)
ご購入はこちらから!→

山内さんの手紙

第二便目です。
『人生秘中の奥義書』購入後、21週目にして、
「今 鍵は開かれた。」
       7月31日(火)
 という内なる声を聞きました。
 まだまだ研鑽を重ね 行動にも検分して行う必要性は感じておりますが、一定の心の平安、落ち着きが得られましたので、成田様に感謝しつつここに ご報告いたします。
(2007年8月2日のお手紙です)










大阪府のM・Sさん(女性)

   『 感想を書くことで一区切りを 』
 一区切りと言っても ここで終わるわけではなく、むしろ逆。
 いったん、現実の足元のやりかけのことを 一つ一つ解決していって、もう一度、きちんと『奥義書』を見つめなおしたいと思います。
 人生の折りし地点(過ぎたかな?)だというのに数年前に人生を、仕事を大きく変えました。
 変えたとたんに、いわゆる不思議な偶然が 矢継ぎ早に襲ってきました。
 『あらゆるものの真実は一つ』
 言葉や民族が違っていても  真理は、同じなのだという確信が、どんどん強まってきました。
 そこへ来てこの『奥義書』。
 納得できすぎるし、ここ数年、深まっていた感覚がますます確信できたし驚きと感激で、イッパイイッパイです。
 毎日の仕事をこなしながら『理論編』の理解は 大変でした。
 読み流せない性格なので、理解をノートに まとめながら、図に描きながら 今まできました。
 ですから、まだ実は『実践編』へいけていないのです。
 マイペースで行きます。
 先日、友人からNASA撮影の『神の目』が 送られてきました。
 3000年に一度の現象とか・・・
 7月7日までが、パワーが一番強く 願い事が叶うとか。
 今日を、区切りにチョット数日間 現実の足元固めをしますね。
 その後、『実践編』へ行きます。
      (M・Sさんは4月11日に購入された方です。2007年7月7日受信メール)
ご購入はこちらから!→

兵庫県のY・Mさん(男性)

 成田 亨様、本当にありがとうございます。
奥義書を購入〜実践をさせていただいて8週目となりました。毎週のレポートに、感謝の意を述べる事もなく失礼とは思いながら実践に集中しておりました。
 実は、私自身も次元や種類は違いますが、紆余曲折の人生プロセスの上、外応・辻占等で成田様の提唱されている内容に近しい事を自己流でやっていましたので、更なる無から有を生じるが如くの 目から鱗が取れていきました。
 それだけに、感激と感謝の念が絶えません。
 8週間を通じて、私なりの宿命に気付きかけてまいりました。
 そして、第8週目レポートの内容はシンクロを超えた状態でした。
 奥義書について、やっと成田様に御礼と感謝のお返事を書ける状態になりました。
 今後とも、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 成田様のご健勝と、奥義書の暗動的発展を心より祈念致します。
PS:このメールは会社のメールで、私しか見ることはありません。
  小さいながらも会社を経営しておりますので、当PCは誰も触れないようにしておりますので、安心して下さい。
(Y・Mさんは6月27日に購入された方です。2007年8月27日受信メール)
ご購入はこちらから!→

あなたの声をこちらでご紹介させてください。

成田 亨の写真 ホームページアドレス、紹介用写真があればお送りください。
こういう形でご紹介させてください。
成田 亨からの手紙 ご購入はこちらから!→